クラシカルでアンティーク調のステンドグラス

兵庫県宝塚市 玄関/ダイニングキッチン

Classical Stained Glass

クラシカルでアンティーク調の
ステンドグラス

兵庫県宝塚市 玄関/ダイニングキッチン

Classical Stained Glass

玄関とダイニングキッチンの間に取りつけられたアンティーク調のステンドグラス。玄関とダイニングキッチンの間に取りつけられたアンティーク調のステンドグラス。

 
室内のインテリアと調和したアンティーク調のステンドグラス。室内のインテリアと調和したアンティーク調のステンドグラス。
 
面取ガラスのオーナメントをメインに使ったアンティーク調のステンドグラス。面取ガラスのオーナメントをメインに使ったアンティーク調のステンドグラス。
 
上部分アンティーク調オーナメントの拡大写真。上部分アンティーク調オーナメントの拡大写真。

兵庫県宝塚市 玄関/ダイニングキッチン

玄関から通じる廊下の突き当たりで、玄関ドアからは少し距離があるところですが、向こう側がダイニングキッチンと言う事もあり、視線を遮る役割も担ったステンドグラスです。
お部屋の内装は奥様のご意向で、濃い木目でクラシック調の段彫りが施されている腰壁やコテで押さえた柄の壁面など、クラシック調の内装で統一されています。
このステンドグラスのメインと言えるアイテムは中央部分の面取ガラスで、アンティーク調のデザインがクラシカルな雰囲気に調和しています。この面取加工を施したパーツは透明ガラスでありながら周囲の斜めにカットされた部分の屈折により背景の画像が複雑に折れ曲がったように見え、視線を遮る効果を発揮します。
室内の壁面なので出来る限り暗くならない様マットの部分には透明で有りながら細かい有機的な柄が特徴の「グルーチップ」というガラスを使用しています。
外側周囲の額縁状の部分(ボーダーと呼んでいます)のアンバーから金茶色にかけて色に変化の有るガラスが重厚感を感じさせつつ華やかさも演出しています。まさに名脇役と言った所です。